top_shadow
本当に知りたいダイヤモンド情報

素人が判断できる高価なダイヤモンドの違いとは

宝石の中の宝石と言えばダイヤモンドをあげられる方も多いのではないでしょうか。あの輝きや形状はつけている者だけでなく、見ている者も魅了します。 そもそもダイヤモンドの「価値の違い」というものはどの点にあるのでしょう。それはいわゆる「4C」と呼ばれるダイヤモンド特有の評価の仕方にあります。

4Cは四つのCから成っていて、まず一つ目がCUT(形やその仕上げ)で、これはダイヤの見た目をあらわしますので、芸術的な評価と言えます。 もっとも高価なのがExellent、以下VeryGood、Good、Fair、Poorと続きます。続いてCOLOR(色)があり、これは無色に近いほど価値は上がりますが、あえて有色を選ぶ方もいます。 三つ目はCLARITY(透明度)ですが、これはダイヤモンドの中にある光を遮るキズの多い少ないで判断します。 素人では違いがわかりにくいですが、キズは少ないほうが高価になります。 最後にCARAT(重量)があり、これは重いほど高価になりますが、総合的な価値の違いは他の3Cも踏まえて判断しなくてはなりません。

ダイヤモンドを売却するなら圧倒的査定額の福ちゃんがオススメです!!