top_shadow
本当に知りたいダイヤモンド情報

ダイヤモンドの値段はいったい何で決まるのか?

日本ではダイヤモンドはあるCMがきっかけで頻繁に用いられるようになりました。それは1970年代のエンゲージリングのコマーシャルで、ダイヤモンドは給料三か月分と言うキャッチフレーズが非常に日本に浸透し、多くの男性がプロポーズの際に用いるようになったのです。ダイヤモンドは採掘量が非常に少なく、希少性が高いために高価な贅沢品として多くの人に認識されています。なかでもその値段や価値はダイヤモンドの4C基準によって決定づけられるのです。例えばカラットは重みを表す尺度であり、重くて大粒の物は採掘が難しく値段も非常に高価になるのです。またブランドで名工と言われる技術者のカッティングで、非常に眩い七色の偏光を放つ物もその価格は非常に高くなるのです。またダイヤは天然の物であり。内包物がほとんど確認できるのです。しかし中には内包物がほとんど確認できずクラリティー基準を高く満たすものも非常に値段が高いとされているのです。