top_shadow
本当に知りたいダイヤモンド情報

ユダヤ人はダイヤモンドの歴史に欠かせない存在です

ダイヤの歴史を語るにあたって、欠かせない存在がユダヤ人です。イスラエルは、ダイヤの流通に欠かせない土地でした。それに加えて、イスラエルに住むユダヤ人たちは流浪の民であり、持ち運びに便利で、軽くて価値の高い宝石を重要視しました。それで、彼らユダヤ人はダイヤモンドの価値にいち早く気がつき、ダイヤモンドの流通の歴史に大きな役割を果たすようになります。

そのユダヤ人たちが作り上げたのが、歴史を通じて現在でもダイヤモンドの流通の要となっている、有名なデビアス社です。デビアス社は、その影響力を元手に、ダイヤモンド生産者組合を作らせ、生産量の調整を行い、最終的にダイヤの売買はほとんど全てデビアス社を通さなければできないシステムを作り上げました。ダイヤモンドは永遠の輝き、婚約指輪は給料の三ヶ月分、スウィートテン・ダイヤモンドといったキャッチコピーを作り上げ、ダイヤに付加価値をつける広告戦略の点でも成功してきました。